中国領事認証代理申請での委任状の書き方、記載例

婚姻要件具備証明書の認証について

 婚姻要件具備証明書の中国領事認証を代行申請する場合の、代理人への委任状は下記の事を注意してご記入ください。

  • 委任状の日付は署名をした日です。認証をする日ではありません。
  • 記載の住所は住民票の住所をお願いします。日本に住民票が無い方は日本での居住地(両親宅など)をご記入ください。
  • 電話番号は連絡の取れる番号をお願いします。電話の名義人は関係ありません。海外電話会社でも構いません。
  • 押印は認印でも構いません。

 ※受任者氏名等の欄は空白でお願いします。弊所スタッフの者が誠実に業務を遂行させていただきます。



婚姻要件具備証明書認証代行委任状記入例



公文書の認証について(申請人が個人の場合)

 中国領事認証を代行申請する場合の、代理人への委任状は下記の事を注意してご記入ください。

  • 委任状の日付は署名をした日です。認証をする日ではありません。
  • 記載の住所は住民票の住所をお願いします。日本に住民票が無い方は日本での居住地(両親宅など)をご記入ください。
  • 電話番号は連絡の取れる番号をお願いします。電話の名義人は関係ありません。海外電話会社でも構いません。
  • 押印は認印でも構いません。


公文書認証代行委任状記入例(個人)

公文書の認証について(申請人が法人の場合)

 中国領事認証を代行申請する場合の、代理人への委任状は下記の事を注意してご記入ください。

  • 委任状の日付は署名をした日です。認証をする日ではありません。
  • 記載の住所は登記上の本店所在地通りにお願いします。事務所の住所ではありません。
  • 印鑑登録されている実印を押印ください。
  • 氏名はパスポートの署名欄と同じものにしてください。(例:濱→浜などに変えないでください。)


文書認証代行委任状記入例(法人)

公証人役場での宣言文書及び委任状について

 公証人役場で合での、私文書認証において申請人の署名が無い文書(在学証明書写しや外国語翻訳文など)には添付する宣言文書に申請人が署名をして認証を受けることになります。

宣言文書状記入例

 公証人役場認証を代行申請する場合の、代理人への委任状は下記の事を注意してご記入ください。

  • 委任状の日付は署名をした日です。認証をする日ではありません。
  • 記載の住所は登記上の本店所在地通りにお願いします。事務所の住所ではありません。
  • 印鑑登録されている実印を押印ください。
  • 氏名はパスポートの署名欄と同じものにしてください。(例:濱→浜などに変えないでください。)


公証人認証代行委任状記入例(法人)


06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

領事認証取得をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ